ASUS、「書く」「録る」「写す」ができるデジタルノート

Eee Note EA800 Eee Note EA800 Eee Note EA800

ASUSTeKは、デジタルノート「Eee Note(イー・ノート) EA800」を発表。12月中旬より発売する。

多彩なメモ機能を搭載したデジタルノート。ワコムの「EMR テクノロジー」を採用した8型の反射型TFT液晶(768×1024ドット)を搭載しており、メモやスケッチを滑らかに書くことができる。読み取り分解能は0.01mmで、専用EMRペンのペン先の動きを忠実に再現。筆圧256レベル、64階調のグレースケールにより、紙に書いているような感覚で入力できるという。さらに、5種類のペン(鉛筆、ボールペン、マーカー、万年筆、蛍光ペン)と3種類の色(淡色、グレー、黒)で、多彩な表現が可能となっている。

メモ機能としては、電話帳やグラフノートなど、約40種類のメモテンプレート上や、PDFや電子書籍ファイルを読み込んで、手軽にメモを書き入れたり、マーカーを引くことが可能。内蔵マイクを利用して、音声メモを録ることもできる。さらに、200万画素のカメラを搭載しており、写真撮影や保存も行える。なお、写真データは、本製品上ではグレースケールで表示されるが、データ自体はカラーで保存されている。また、インターネットに接続して、ホームページの画面ショットを保存することも可能だ。

このほか、EVERNOTEアカウントに対応しており、クラウド経由でほかのパソコンやタブレット端末にて、本製品の作成したデータを閲覧することが可能だ。また、付属のUSBケーブルでパソコンと接続することで、データを一元管理したり、パソコン用のペンタブレットとして使うこともできる。

本体サイズは、230(幅)×158(高さ)×13.5(奥行)mmで、重量約520g。バッテリー駆動時間は最長約11.5時間。プロセッサーは「Marvell PXA303」。メモリーは256MB。無線LAN規格はIEEE802.11b/gに準拠。インターフェイスは、microUSB×1、ヘッドホン×1、microSDカードリーダーを備える。ボディカラーはブラック。専用のブックカバーが標準で付属する。

価格は19,800円。